電子書籍(3回目)をすっ飛ばして
緊急に消費税増税対策を先にブログUPいたします。



本当のところ私は

消費税10%増税どころか消費税自体に絶対反対です。

 

だって

庶民には厳しく企業には優しい“法人税逃れ大国ニッポン”の実情があるからです。


 


10月1日から消費税が上がり、庶民は物価高に苦しむ。一方で、企業の「内部留保」は463兆円と過去最高を更新

消費税は1989年に3%で始まり、97年に5%、14年に8%になった。これに対し、大企業の法人税率は消費税導入前は42%だったが現在は29.74%。所得税の最高税率も60%から45%に下がっている。

 

今の自公政権がやってる事は大企業と富裕層優先の政策なんだから

政権を変えるには選挙の時ぐらいだし、

国民の大多数がその気になって投票に行かない限り

今の仕組みは変わりません。

 

私たちは大企業の役員でもないし、大富豪でもなく

平たく言えば庶民です。

 

庶民をいじめる悪代官をやっつけましょう!


と、言ってもいつになるか分かりませんので、

とりあえず庶民の生き延びる方策をお知らせします。

 

購入時に即5%現金換算して還元される商品が、
今ならAmazonの中に山程あります。

例えばお酒

今回軽減税率適用外で消費税8%⇒10%

ところがキャッシュレス決済(クレジットカード使用)だと

5%還元と言う事で8%+2%-5%=5%の結果になります。

(今までの8%より5%になるのでお得って事になるのかな~)

このキャンペーン期間も、来年の6月30日まで9ヶ月もあります。

 

街の酒屋さんには悪いけどAmazonのネット通販でお酒は買う事にしました。


Amazonでも5%還元の表示がないと

請求額に即5%現金換算した表示にならないようです。

今のところお酒では上のAmazonリンクのお店

「お酒の専門店リカマン」でしか調べていませんが、

きっと他にも(お酒だけでなく5%還元の表示)あると思いますので、

暇な時にチャレンジしてみて下さい。

 



 

 

念の為Amazonでの表示を添付します

キャッシュレス・消費者還元5%について

【還元の上限額】

キャッシュレス対象の決済金額の上限額は
1決済につき40万円となります。

【対象キャッシュレス決済方法】

Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、
ダイナースクラブ、Amazonポイント、Amazonギフト券、
パートナーポイント(JCBのOki Dokiポイント)

【還元方法】

対象商品を対象のキャッシュレス決済方法でご購入いただくと、
決済金額の5%分に相当する金額を即時充当し、
お会計時の合計に反映されます。

【還元期間】

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)まで(9ヶ月間)