第1章 パソコンのWordで或いはメモ帳で
先ずは原稿を書いてみましょう

 

楽天BOOKで、簡単に出版をしてみます

 

 

全てのパソコンに備わっている


①メモ帳で原稿を書いてみましょう

 

見出しも文字の大きさも画像挿入も

後でやりますから一切無視して
ひたすら文章を書いていきます。
(Wordでも同じです)

ある程度書いたところで「原稿」と名前を付けて
デスクトップに保存してください。

次は、でんでんコンバーターのURL(下記)
https://conv.denshochan.com/

を検索してクリックすればデスクトップで開けます。
(URLをドラッグ&ドロップで保存して置きましょう)

 

 

②でんでんコンバーターを使って

Epubファイルを作る。

実はメモ帳やWordのファイル形式では本に変換できません、
本にする為Epubファイルに変換が必要です、
その為のでんでんコンバーターだと

単純に割り切って話を進めます。

早速でんでんコンバーターを開くと「アップロードしてね」
ファイル選択のボタンがあります。

①で作った「原稿」をデスクトップから
ファイル選択のボタンの上へドラッグ&ドロップします。

続いてタイトルや著者名を入れたら、目次自動設定など
色々有りますが、初期状態のままで触らず、

変換ボタンのすぐ上のEpubをプレビューするに
レ点チックして変換を押すと、
プレビュー画面が表示され下見できると同時に

自動的に下に長い英数字名(例えば5d8d800daf53b)で
Epub形式の原稿が出来上がります。

デスクトップへドラッグ&ドロップして置きましょう。
(仮にEpub原稿とファイル名を変更して置くと判りやすい)

本を出すまでいろんな段階の原稿が作られるので

間違えて捨てないようにしましょう

 

③今度はSigilと言う無料ソフトで

Epubファイルに見出しやリンクや画像挿入など

本としての体裁を整えます。

 

Sigilの公式ホームページから無料でダウンロードします。

英文なので戸惑うかもしれませんが、
深く考えずに以下のステップをこなして下さい。

Sigil-ebook.comで検索をして

検索でトップにSigil Ebook…EPUBebookEditor
が出るのでそこの英文最下位のリンク
Sigil-0.9.18 Release(最新)をクリック

開いたページの3行目くらいにリンク
Release pageをクリック

開いたページの最下位Assetsで
あなたのパソコンに合ったリンク
Mac(1番目)又は

Windows-x64のSetup.exe(3番目)を
クリック  ***x64とは64ビットの意***

そうすると下の方にソフトがダウンロードされます。


クリックしてインストールを始めます。

その後日本語用にしたり、EPUB3作成に直したり、
この一連の作業を解りやすく解説したブログ
https://www.lifelogweb.com/entry/sigildownload
が有りましたので参照して下さい。

ブログの解説は当時の最新版
Sigil-0.9.7ですが問題なく動くと思います、
それに64ビットではないWindows.Setup.exeの
ダウンロードも有ります。

(紙面の都合でインストール関係はこの位で省略します)

 

今日はここ迄でちょっと一休み

次回は


Sigilの使い方について 

ブログUPまで暫くお待ちください。

 

 

頑張ってUPしたいと思いますので、乞う!ご期待!

色々質問など慣れないうちはありますので、

このページの 一番上に設置しています

「お問合せはフォーム」から遠慮なくご相談ください。